彼女目線

“お前とは結婚できない”と言った年下彼氏の気持ちの変化とは?

さとみ
さとみ
こんにちは。さとみです。

“お前とは結婚できない”

これは何かある度に、ひかるが言っていた言葉です。

もぉ、ほんと年下男子って。

よく言えば“自分に正直”

悪く言えば“他人の気持ちは考えられない”んですよね。

「大人の年上女子だって傷つくねん!何を言ってもいいわけちゃうわ!!!」

って言ったこともありました。

その年下彼氏のひかるがどう変わったっていったのか、それとも何も変わらなかったのか。

今回はそれについてお話しさせてください。

先が見えない

お付き合いを始める前。

お互い好きなのはわかってるけど、、、

色んなことを考えるとなかなか前に進めない。

やっぱり1番大きな要因は13歳の年の差

“今は好きだけどこの先は?”

“全く先がわからない”

“責任がもてない”

ひかるには常にその不安があったそうです。

そんなとき

「幸せにしてほしいなんて思ってない、してあげたいとは思ってるけど。」

私の素直な気持ちを伝えると、

“先のことを見据えたお付き合いじゃなくていいんだ”

“もっと楽に考えていいんだ”

そう思えるようになりお付き合いをすることになりました。

 

お前とは結婚できない

お付き合いをする中で、仲良くやっているときは先のことなんて気になりません。

というよりも見ないようにしていたんですね。

でも、なにか一つでも問題が起きてしまうと見ないようにしていた“将来”についても考え込んでしまいます。

“このままでいいのかな”

“先がない人と一緒にいてもいいのな”

そしてひかるは

「だいすきだけどずっと一緒にはいれない」

「さとみと結婚する未来は想像できない」

という言葉を口にします。

もちろん悲しくないわけではありません。

でも13歳も年の差があればこんな風に考えるのも無理ありません。

あのときのひかるには“13歳年上彼女”重荷だったのかもしれません。

 

心境の変化

そんなひかるに

「今がすごく大好きなのだから、まだ一緒にいてもいいんじゃない?」

 と伝えました。

長くなればなるほど、別れがつらくなるかもしれません。

それでも彼に出会い、自分の好きな人が同じ気持ちでいてくれる。

そんな奇跡みたいなことはなかなかないのだから。

この想いを大切にしたかったから。

そして1日1日を大切にし誠実にひかると向き合ってきました。

そのなかで、ひかるの心境にも変化があらわれました。

「一緒にいれない、じゃなくて、いるにはどうしたらいいのか」

 そう考えるようになったようです。

この先ずっと一緒いても、結婚したとしても、

自分の子どもがもてないかもしれない。

13歳も年上なら先にいなくなってしまうかもしれない。

自分1人残されてしまうかもしれない。

そんなことをわかったうえで、

それでも一緒にいる道を探し始めたひかる。

それはとても覚悟が必要だったでしょう。

 

 変わりすぎやろ

「ずっと一緒にいてくれる?」

彼は、そんなことを聞くようになりました。

“そもそもずっと一緒にいれへんって言われても、離れる選択をしなかった私に、そんなん聞かんでもわかるやろ!”ってかんじですけどね(笑)

 

まとめ

人って変われば変わるもんですねー。

もちろんこの先もどうなるかはわからないですが。

なんせ気まぐれなひかるが相手なんで(笑)

ただ昨日のひかるが書いた記事に、

13歳という年の差に感謝という言葉がありました。

その記事はこちら↓

もし年上彼女と同い年で出会っていたら… 年の差があるが故に起こったこととは? 13歳年上彼女と付き合っていると、初めの頃はよくこんなことを思っていました。 同い年で生まれてきていたらこんなに悩...

年の差という変えられないものに固執せずあるがまま受け止め、それをプラスに考えられるひかるはすごいなと思いました。

多分そういう強さが好きなんだろうな。

最近では「彼女いるの?」って聞かれると

「100人いる」って答えてたひかるが。

親しい友人には彼女がちゃんといること、13歳年上であることを言えるようにもなったみたいです。

これも一つの変化です。

人にはそれぞれのペースがあります。

絶対に変わらへんと思っていたひかるも少しずつ進んでくれています。

この先もひかるのペースでいってくれたらいいと思っています。

さとみでした。ではまた。

年上彼女が別れを選ぶとき えっ?別れんの? いえいえ、別れません(笑) 今回は、年上彼女さとみがこうなったら別れるということを紹介します。 ...