彼女目線

年上彼女が恋に落ちたとき(前編)

さとみ
さとみ
こんにちは。さとみです。

そもそも年上好きの私が、なぜ13歳も年下のひかるに恋をしたのか。

そして私が、ひかるへの恋心に気づいたのはいつか。

自分でも気になるので、改めてさとみの心の声をもとにまとめてみました。

今回は、前編となっています!

 

第一印象

どこにいてもわかるような大きな声。ちゃんと喋る前から知ってたよ。でもね、正直うるさいなー( ̄▽ ̄)”くらいに思ってた。

誰にでも気持ちの良い挨拶をする君。

初めてちゃんと顔を合わせた時も「こんにちわ!」って言ってたね。

多分私は視線をそらしつつ「こんにちは(小声)」って返したような。

年齢不詳やけど、見た目は落ちついてて、はっちゃけたキャラで。。。

苦手やなぁ*)

そもそも落ち着いた大人の男性が好みやねん。

全く興味なかったわ!

さとみ
さとみ
まさか、こんな人とね…(笑)

 

自分と正反対

ポジティブで、誰とでも仲良くできて、常に笑顔。

ネガテイブで、人見知りで、常に無表情。

こんな正反対な2が合うわけないやん。

”1994年生まれ?”“13歳も年下?

そら子どもやわ(笑)

常にポジティブってそんな人おらんやろ。

誰とでも仲良くってそれって八方美人っていうんやで。

嘘くさい笑顔。

ん?なんでこんなに詳しく知ってるんや⁇

“13歳年下はないって、興味ないなら別にどうでもいいやん”

“えっ?なになに?気になってんの?”

“うるさいから、目につくだけやし”

“苦手やってば”

私の好みは、私を可愛がってくれる物静かな人が好きやねん!!!

 

なのに

誰にでも愛想がいいところが苦手”

常にポジティブなところが嫌い”

でもそれって自分が持ってないものやから。

相手に対する劣等感の表れで。気にしてないフリして強烈に意識してしまってる?

すごいなぁ”とか“羨ましいなぁ”とか思ってんの?

それでも年下やで(*´Д`*)?

そんなわけないやん。うん、まぁでも歳のわりには人間できてるんちゃう?

ゆとり世代やのにゆとりじゃないことは認めたるわ。

尊敬とかそんなんちゃうし。

さとみ
さとみ
このときは、ほんとこの感じが久しぶりすぎて、どういう気持ちなのか自分でも戸惑ってましたね(笑)

 

恋じゃない

「連絡先知ってると便利ですから」

「ゴハンでも食べながら、ゆっくり話したいですね」とか。

今の若い子は平気でこんなん言うねんな(。・ω・。)

よし、おばさんやって思われたくないし、全然なんでもないような顔して

「あっ、うん。そうやね(*^^*)って言うとこ。

あれ?ほんまに行くの?

えっ、なんか緊張する。ってかドキドキする!!!

人見知りやし、緊張してるだけやわ。

これは恋じゃない、恋じゃない、恋じゃない。。。

 

大誤算

人を見た目で判断したらあかんなぁ(*´ω`*)

ただの野球バカかと思ってたけど。

しっかりと考えてるわ。

なにより自分をもってるな。

人に流されたりしいひん強さ。

若いのにすごいなぁ。

年を重ねればしっかりしてくるわけじゃないねんな。

年下の子もちゃんとしてる子はしてるねんな。

なんか尊敬やわ。

 

。。。(д)あかん!

めっちゃいい子やとか思ってるやん。

いやいや恋愛なんてめんどくさいねん。

他人と合わせるとか無理やし。

誰かのためにとか嫌やし。

けど、そんなめんどくさいことをしてみたくなるくらい、いい子やな。

13歳下やけど(笑)

まぁ付き合うことなんてありえへんし

この気持ちは自分の中にしまっておこう。

だって傷つくのいややもん。

さとみ
さとみ
このときは、相手が13歳下ってことで自分の気持ちを抑え込むのに必死でした。

 

終わりに

自分の気持ちに気づいちゃいましたね。この時はまだ認めてませんけど()

こんな私が「幸せにしたるから嫁においで」っていう日がくるなんて、この時は思ってもみませんでしたけどね。

このセリフを言ったときのことはひかるの記事で書いています

13歳年上の彼女と付き合った理由 二人をつないだ魔法の言葉 皆さん、なぜ僕が13歳も年上の彼女と付き合うと決めたのか気になりませんか? さすがに魅力的な女性でもひと回り以上年...

このお話の続きはまた次回。明日の記事は担当はひかるなので明後日あげると思います。

お楽しみに。

さとみでした。ではまた。

年上彼女が恋に落ちたとき(後編) 早速前回の続きをどうぞ。 前編を読んでない方はこちらから↓ https://toshinosa-coupleblog...