彼女目線

彼氏とケンカした時に実践したい5つの仲直りテクニック

さとみ
さとみ
こんにちは。さとみです。 13歳年下のひかるとお付き合いしています。

大好きな相手でも、ちょっとしたことからケンカをしてしまうことってありますよね。そんな時あなたならどうしますか?

相手が謝るのを待つ?それとも自分から謝る?

「彼氏とケンカをしたけど、どうやって仲直りすればいいのか分からない・・・」

そんな人もいますよね。

こんな状況をこの記事では解決できます。

彼氏とケンカをして悩んでいる人に読んで欲しい!

さとみ
さとみ
実は私もひかるとけんかしちゃったんですよね。

そのときに、今回のテクニックを実践して効果ありでした。

この記事を読んでもらうと、スムーズに仲直りができる5つのテクニックが得られるので、参考にしてみてください。

実践するべき5つのこと

  1. 冷却期間をとる
  2. 何に対して怒っているのか自分と向き合い整理する
  3. 人に聞いてもらう
  4. 相手の気持ちを考えてみる
  5. 自分にとって一番避けたい状況を考える

この5つを実践してから、話し合いをすることで、よりスムーズに仲直りができます。

さとみ
さとみ
詳しくみていきましょう

冷却期間をとる

冷却期間をとるメリット

冷却期間を取ることで、冷静に話し合いが出来るようになります。

冷却期間をとるとは、「すぐには話し合わない」ということです。

冷静に話し合えない、感情的になってしまう、そんなときに話し合っても何もいいことはありません。

簡単に言えば、デメリットしかありません。

女性はケンカをしたまま、何日も過ごすのは苦手ではないですか?私はそうです。なので何が何でも仲直りしてしまおう!なんて思って連絡をとってしまいます。

それが間違いなんです。

相手の気持ちが落ち着いてもいないのに、話合いをすると感情的になり、思ってもいないことや、今言わなくてもいい事まで言ってしまう可能性が高いです。

そうなれば、余計にこじらせてしまったり、最悪の場合別れが近づいてしまうなんてことにもなりかねません。

全く連絡を取らないことに不安に感じるときは、「おはよう」などの日常のあいさつ程度を送っておくといいかもしれません。

今回私たち「ひかさと」の場合、その挨拶すら「既読スルー」「未読スルー」されていたので、相手の心の内が伺えます・・・。

さとみ
さとみ
めっちゃ怒ってるやん

何に対して怒っているのか自分と向き合い整理する

自分と向き合い整理するメリット

自分がスッキリすることで相手の気持ちを理解しようとする余裕が生まれます。

次に自分は何に怒っているのか、自分と向き合い整理します。そのときは相手の気持ちなんて思いやらなくていいです。

とにかく、「なんであんな言い方するんや!」とか「私悪くないやろ!」とか言葉にしてください。

何に対して怒っているのか、何が嫌だったのか、悲しかったのか、など言葉にして振り返るだけで案外スッキリするものです。

彼氏に否定され、傷ついてる自分をまずは癒してあげましょう。そうすることで、相手の気持ちを考える余裕も生まれてきます。

さとみ
さとみ
ひかるはなんであんなワガママなんや

人に聞いてもらう

人に聞いてもらうことのメリット

人に話すことで、きちんと今回の出来事が整理ができるようになります。

ある程度心に余裕がでてきたら、誰かに話をして聞いてもらいましょう。人に話す場合、順を追ってわかりやすく話しますよね。

その時に自分の中できちんと整理されます。そうすればまた違った角度で、今回のケンカをみることができるようになります。

私の場合、職場の仲の良い後輩と、仲良しのブロガーさんに話を聞いてもらいました。どちらもひかると面識があるので、ある程度ひかるの性格をわかった上で話を聞いてくれます。

お互いのことを知っている人に聞いてもらうと、より良いアドバイスをもらえたりするのでおすすめです。

人に話すことで、今回の出来事を改めて整理することができます。

さとみ
さとみ
私めっちゃ小っちゃい事にこだわってたやん

相手の気持ちを考えてみる

相手の気持ちを考えるメリット

自分の反省点が見えてきます。

ある程度、今回のケンカの本質がみえてきたときに、彼氏の気持ちを考えてみましょう。

自分の中に、余裕がうまれてきたところで相手の気持ちを考えると、ケンカしたときには気づけなかったことがみえてきます。

実際に私もケンカをしたその日は、「ひかるが悪い!」「ひかるはひどい!」と思っていました。

でも冷静になって相手の気持ちを考えると、私の反省するべき所がどんどんと溢れてきました。

さとみ
さとみ
ひかるの言うてることも納得できるわ・・・

自分にとって一番避けたい状況を考える

一番避けたい状況を考えるメリット

取るべき行動がハッキリします。

あなたにとって嫌なことってなんですか?「彼氏が自分の気持ちをわかってくれないこと」?

私は「ひかると別れること」でした。それ以外は「たいしたことないやん。」

既読スルー、未読スルーされて腹も立ちましたが、今となってはそんなことどうでもいいです(笑)

「まだ一緒にいたい」そう思えるようになったときに連絡をとりました。

自分の気持ちをわかってくれない彼氏なんてもういいですか?自分の気持ちがハッキリすれば、相手と向き合う準備は万端です。

さとみ
さとみ
よし、顔見て謝るか!

まとめ

仲直りまでに実践するべき5つのこと

  1. 冷却期間をとる
  2. 何に対して怒っているのか自分と向き合い整理する
  3. 人に聞いてもらう
  4. 相手の気持ちを考えてみる
  5. 自分にとって一番避けたい状況を考える

ケンカとは、どちらか一方だけが悪いわけではありません。お互いの思いを主張し過ぎることで起きるものです。

分かり合いたい相手だからこそ、ときにぶつかってしまいます。感情的になり、思ってもいない言葉で相手を傷つけ、自分も傷つけられる。

そんな思いをしても一緒にいたい人なら、ぜひとも無駄にしないでください。

ケンカをする前よりも、より良い関係になれるように。この5つのことを実践してみてください。

さとみ
さとみ
私たちこれで、以前よりも仲良しだよね?
ひかる
ひかる
それはどーかな(笑)
さとみ
さとみ
えっ、そうなん⁉

いえいえ「ひかさと」は仲良しです💕彼氏とケンカをして悩んでいる人、是非とも試してみてください!

さとみでした、ではまた。

“今すぐ実践できる” 彼女とケンカしたときの仲直りまでの3ステップ! ケンカの前より愛が深まる!この記事では、“今すぐ実践できる” 彼女とケンカした時の仲直り方法をお伝えします。仲直りまでの3ステップをわかりやすくまとめました。大切な人と別れないために、今すぐ実践してみてください。...