彼女目線

彼氏が喜ぶ料理の作り方を紹介!大事なのは味の好みをリサーチすること

さとみ
さとみ
こんにちは。さとみです。

皆さんは、普段から彼氏くんにご飯を作ってあげたりしてますか?

彼氏くんに喜んでもらうために必要なものってなんだと思いますか?

私なら迷わず答えます。「彼の好みを知ることです」って。

みんなに美味しい料理じゃなくていいんです。大好きな彼氏くんに「うちの彼女メシウマ!」って言わせたいんですよね(*^-^*)

けど私、そもそも料理は苦手だし・・・そんな人もこれを読めば彼氏の胃袋つかめます!!

好みを探る

じゃあ何からはじめましょうか。

それはひたすらに彼氏の好みを探ることです。

好きな食べ物は?どんな味付けが好み?

食事って小さい頃から習慣的に食べてるから、そんなにこだわりがないようで好みは人それぞれなんですよね。

「家庭の味」いわゆる「おかんの味」です。

それに近ければやっぱり安心するんですよね。

リサーチの方法

じゃあ、どうやって調べたらいいの?ですよね。特に味の好みなんて。

付き合って間もないの彼母に聞けるハズもないので。

居酒屋デートしましょ。

たくさんのものを少しずつ頼むあのスタイル。調べるにはぴったりなんですよね。

彼の好みがわかれば、献立選びもスムーズにいきます。

なにも聞かれなくても、自分の好きなもの、好みに近い味がでてくれば。たいての男子は、「この子、料理上手!」って錯覚させることができます笑

彼女が作ったもの=美味しいと思い込ませることができれば、うちのひかるさんの様に、「冷凍の餃子もさとみが焼いたら美味しい!!!」って言わせることができます。

さとみ
さとみ
思い込みってこわい笑

思わぬ落とし穴

ここまでくればなにを出しても大抵「美味しい」言います。

ただ一つ。

さとみ「ゴハンでも食べに行く?」

ひかる「家がいい。さとみがつくったん。」

なんてことが起きる可能性もあります(笑)

さとみ
さとみ
嬉しい誤算ですけどね。

まとめ

彼氏くんの好み知ることこそが胃袋を掴む近道です。

市販のものをアレンジしたり、手を抜いてもバエるような料理いっぱいあります!

次はそのレシピも紹介したいと思っています。

頑張りすぎず、彼氏くんに「彼女メシうま!」って言わせちゃいましょう^_^

最後に。ここまで簡単そうに言いましたが女性たちは彼氏のために一生懸命努力をして料理をしています。

「おいしい!」その一言で十分です。彼女を褒めてあげましょう!

さとみでした。ではまた。

年下彼氏がいない日の年上彼女の日常 私たちは大阪と京都に住んでいるので、車で1時間弱の距離。 2人の中では“中距離”と呼んでますが関東と関西に住んでいるカップ...