引っ越し

絶対失敗しない!良い物件を探すコツを紹介!内見するときのポイントも!

ひかる
ひかる
こんにちは!まもなく一人暮らしを始めるひかるです!
さとみ
さとみ
自分が引っ越すかのように楽しみ!(笑)

引っ越すときに考えることは、もちろん良い物件に住みたいというのが1番だと思います!

誰でも、後になって違う物件にすれば良かったと後悔はしたくありませんよね?

今回は、もうすぐで3回目の引越しを経験し、不動産会社の人から実際話を聞いたひかるが、絶対失敗しない物件の探し方を紹介していきたいと思います!

失敗しない物件探しのコツ

  1. ネットで探す
  2. 自分で物件を見に行く
  3. いくつかの不動産会社へ行く

ネットで探す

インターネットで「失敗しない 物件探し」みたいな感じで検索するとほとんど内見するときに気を付けた方がいいポイントが書かれています。

もちろんそれも大切なんですが、いきなり不動産会社に行くのではなく、まずはネットアプリで物件を探すことをお勧めします。

引越ししたい場所がだいたい決まっているのならば、住所や金額などを指定しネットである程度絞っておくと良いです。

なぜかというと、不動産会社によってリストに載っていない物件が、ネットで調べると出てきたりすることがあるからです。

不動産会社にいよっては、オススメしたい物件をある程度絞って提案してくるので、条件に合った物件の資料をすべてかき集めて紹介するということでもないのです。

また内見もその日に見れる物件や、時間内で回れる距離なども考えて大体3つまでしか回りません。

ひかる
ひかる
あまり資料をたくさん出したり、内見をたくさんしたりすると迷って結局決まらないといったこともあるので、不動産会社はある程度物件を絞って紹介するそうです!

ネットだと部屋の中の写真も掲載されているので十分雰囲気は掴むことができますし、ネットでたくさん調べてから不動産会社へ行き空いているがどうか調べてもらうといった流れがオススメですね!

自分で物件を見に行く

これはネットで探してからでも良いですが、行ける距離であれば自分で足を運んで物件を見に行くことをお勧めします。

このアパートは賃貸かな?こんなとこにもマンションあるんや!

といったように実際に足を運んでみてわかるようなこともたくさんあります。見つけてから住所やマンション名などを検索してネットで確認するのもいいです。

もちろん部屋の中は入れませんが、家の外見携帯電話の電波駐輪場やゴミ捨てのマナーなども確認しておくと良いです。

また近所にスーパーがあるかなど、近くを探索するのも良いですね!

不動産会社の人と内見するときは、周辺をぐるぐる探索することは難しいので、内見した後でもいいのでリサーチしておきましょう!

ひかる
ひかる
ひかるが住む物件は、ネットで見つけて、実際に自分で見に行ってから不動産会社へ行き決めました!

リストにはなかった場所らしく不動産会社の人ですら初めての内見だといっていました。

めっちゃいい物件なんですけどね!そういうこともあるみたいです!

いくつかの不動産会社に行く

ネットで探し、物件を実際にみたあとは、不動産会社に行ってその家が空いているかや予算などを確認しに行きましょう!

ただし、不動産会社は1つではなく2つは行くべきです。

同じ物件でも不動産会社によって仲介手数料が違ったりするので、初期費用が変わってきます。

また消毒料金などがカットできる不動産会社もあるので、時間があるなら幾つかの不動産屋へ行くことをお勧めします。

さらには、その不動産会社でしか紹介していない物件もあったりしますので、「その条件だとこれくらいしかないですね~」と言われてもあきらめずに違う不動産会社へ行ってみてください!

ひかる
ひかる
同じ条件を提示しても不動産会社によって紹介する物件が結構違うんやな~って思いました!

絶対失敗したくない人は複数の不動産会社へ行き話を聞いてみましょう!

内見のここだけは押さえておきたいポイント

  1. 防音性
  2. 湿気や日当たり
  3. エアコンなどの年式
  4. 空室期間や入れ替わり期間

防音性

防音性がどうなのかは内見時に押さえておきたいポイントです。

やり方は壁に耳を澄ませて隣の部屋からもの音が聞こえないか確認するだけです。

防音性があまりない物件はそれだけで隣の部屋から物音が聞こえます。簡単ですのでやってみてください!

湿気や日当たり

湿気が多すぎるとカビが生えてきたりするのでここもチェックが必要です。

サッシの辺りや壁の角に塗り直しがあると湿気が多い可能性があるので、気になれば管理会社に相談すると良いでしょう!

また日当たりも同じく確認しましょう!

エアコンなどの年式

古いエアコンなどが備え付けてあれば、その分電気代が消費してしまうい、コストがかかることも考えられるので、しっかり年式を確認することが必要です。

あまりにも古いエアコンであれば、管理会社に入居する前に新しいものに変えてもらえるか確認すれば、新品を入れてもらえる可能性もありますよ!

他にも古かったり、汚れていたりしている設備があれば管理会社に新品に変えてもらえるか確認してみましょう!

ひかる
ひかる
ここは厚かましく注文を付けていいところです!

僕は、しっかりエアコンと洗面所の鏡を新品に変えてもらいました!(笑)

空室期間や入れ替わり期間

内見するときに「こないだ出たところなんで~」などと、前に住んでいた人の退去期間を教えてくれることもありますが、正確な空室期間などを聞いておく必要があります。

あまりにも空室期間が長い物件だったり、空室期間が短くても入れ替わりが早い物件だと何らかの原因であまり人気のない物件の可能性があります。

聞いておいて損しない情報なのでしっかり確認しておきましょう!

まとめ

物件を探す時のポイント

  1. ネットで探す
  2. 自分で物件を見に行く
  3. いくつかの不動産会社へ行く

内見のポイント

  1. 防音性
  2. 湿気や日当たり
  3. エアコンなどの年式
  4. 空室期間や入れ替わり期間

ノープランで、不動産会社へ行きオススメされた通りに決めて、引っ越してから、

「え!?近くにもっとよさそうな物件あるやんけ!!!」

ってなってしまわないように、ある程度自分で調べて物件を決めることをオススメします!

ひかるでした!ではまた!

物件探しのコツ!時期が最も重要!これも立派なデートです! 先日、前から話をしていた物件探しに行ってきました。 ただの物件探しも、2人で行けば楽しいデートになってしまうのです...